抗がん作用の発見

 

南米ブラジルの中心都市のサンパウロの郊外にあるピエダーテの産地にアガリクスブラゼイと称される原産地のキノコが有ります。
このキノコを日常的に食べていた現地の人々にはガンの発症率が明らかに少なかったのです。

 

ペンシルバニア州立大学のシンデン教授とランバート研究所のランバート博士は、このアガリスクの抗ガン作用を解明する為に本格的に研究したのです。
その結果アガリスクには優れた抗ガン作用のある事を突き詰めました。

その研究結果をもとに、当時のアメリカのレーガン元大統領は皮膚ガンの手術後にアガリスクを長期にわたり服用したのですが、研究結果と同様にガンの再発移転がみなれなかったのです。

 

東京大学薬学部教授と国立ガンセンターの博士による研究発表や日本癌学会総会で、アガリクスの多糖体には、インデュース効果があり、ウイルスの進入を防ぐ力も強いことが発表されました。

更にアガリクスの抗ガン活性は高分子多糖体だけではなく、核酸(RNA)や脂質、ステロイドの一種ににも有るという事が確認されたのです。キノコ類に限らずもっと大きなくくりの自然食品という観点で見てもアガリクスは他に類を見ない程、優れた抗がん作用が有るのです。

 

抗ガン剤や放射線療法は、副作用に見舞われるという欠点やリスクがあるが、アガリクスにはその副作用を弱める効果も繰り返し行われた臨床試験からも証明されています。
副作用が改善されただけでなく、血液中のヘモグロビン、白血球、血小板の各数値が好転し、免疫グロブリンの増加が臨床的に確認されています。アガリクスの持つ免疫増強作用が臨床的にも証明されたことになります。

またB型肝炎に関しても、アガリクス服用者には肝機能回復改善を示したことが報告されています。

 

アガリクスを代表とするキノコから抽出される多糖類は、この免疫の過剰な反応を抑え、正常化することによりアレルギーやアトピーを改善するものと考えられ、多糖類には生体恒常効果(ホメオスタシス)が期待できるということになり、アガリクスのβーDグルカンの免疫力効果として、体調リズムを整える機能、疫病回復力を高める機能、成人病を予防する機能などが多くの研究者によって研究結果が発表されています。